メインコンテンツ

その他のコンテンツ

看護師になるには

多くの子供たちが憧れる存在のひとつに看護師という仕事があります。人のために役に立ち、なおかつかっこよくもあり美しい看護師という存在に憧れることは素晴らしことです。実際にそれを目指す子供たちはいつの時代にも多いものです。ただし、看護師になるためには幾つかの条件をクリアし、国家試験に合格しなければなりません。

看護師国家試験に至るまでにはいくかのルートがあります。中学校を卒業してから看護学校(5年一貫)に通う方法、高等学校を卒業してから看護専門学校(修業3年以上)か看護系短期大学(修業3年)か看護系もしくは看護学部を有する大学(修業4年)に進学する方法です。どの方法を選ぶのかは個人次第ですが、最低でも3年間の教育課程をクリアし、そのあいだには実際に看護師としての基礎を身につけるべく厳しい実習課程も通過しなければなりません。現在の医療現場では、医師不足の状況も手伝ってか看護師により専門的なレベル向上を求めるようになっているのが実情です。

そこで、看護学校・専門学校よりも高い学力と専門性が養われる大学への進学者が増加しており、医療現場でも大学でしっかり専門性を身につけた大学卒の看護師へのニーズが高まりつつあります。看護師に専門性を求めて専門看護師・認定看護師といったよりレベルの高い人材の育成も奨励されつつあり、とくに専門看護師は技術向上のみならず研究という学術的な面でも実績を積み上げる非常に高い専門性が求められ、そのためには大学卒さらに大学院への進学も必要になります。